2021年9月18日から20日まで開催された、第13回下北沢映画祭のコンペティションに「Yokosuka1953」の60分バージョン「Yokosuka1953 彼女の、記憶の中の母を探す旅」がノミネートしましたので、参加しました。

そして、「観客賞」と「下北沢商店連合会会長賞」の二つの賞をいただくこととなりました。本当にうれしい。

下北沢映画祭が実は対面では初めての上映。私は前の方に座っていたので、わかりませんでしたが、会場では泣いている方々も多かったそうです。映画が届いた、その実感を感じることができました。

明日は、いよいよ門真国際映画祭での上映です。

木川剛志