これは単なる偶然が生んだ感動の実話ではない。

66年ぶりに訪れた故郷・日本で、生き別れた母の足跡を辿る“混血児”バーバラさんの旅。

奇跡的な結末へと導いたのは、忘れ去られた歴史と人々の記憶を掘り起こす地道な調査の積み重ね。

その事実は近年軽視されがちな、歴史を記録し、語り継ぐことの意義を思い出させてくれる。