Slide 1
Yokosuka1953
Slide 2
受賞歴

それはたった一本のフェイスブックメッセージから始まった。

1947年、戦後混乱期の横須賀に外国人の父と日本人の母の間に生まれた、木川洋子。過酷な環境、当時の社会状況の中で、最愛の母と離れて5歳の時に養子縁組でアメリカへと渡る。それから66年。日本に帰ることも、母の音信を聞くこともなかった。同じ名字を持つ木川剛志に送ったメッセージ。洋子の記憶の中の思い出に向かう旅が始まった。

2018年の夏、アメリカに住むシャーナという女性から1通のFacebookメッセージが木川剛志のもとに届いた。彼女の母、バーバラは日本で生まれ、5歳の時に養子縁組でアメリカにやってきたという。彼女は外国人と見られる父と日本人の母の間に生まれた“混血児”だった。そして、バーバラの日本名が木川洋子だった。同じ木川という名字をFacebookで検索し、親族ではないか、と木川にコンタクトをとってきたのだった。もちろん、木川剛志は親族ではない。しかし、戦後混乱期に研究者として興味を持っていた、木川剛志はバーバラの実母を探すこととなった。
バーバラが大切に持っていた新聞記事。その新聞記事の中には「横須賀には二百人以上の無籍の混血児がおり、ほとんどが母親と一緒に夜の女のハウスに育てられている」と書かれていた。戦後間もない頃、多くの女性が困難の中で生きていた。また、その当時、多くの混血児も生まれ、そのような子供たちはかつての敵国の子ということもあり、過酷な差別の中で生きていた。
横須賀の町を調査し、多くの人々の協力を得て、バーバラは66年ぶりに日本に帰ってくることとなった。その費用はクラウドファンディングによって賄われた。木川はそのクラウドファンディングの報告資料のために、カメラを回した。想像を超える当時の状況。そして、さまざまな真実が明らかになる。この調査記録をドキュメンタリー映画としてまとめた。

映画「Yokosuka1953」予告編

コメント

映画祭上映情報

地域映画祭名映画祭会期上映日備考
東京下北沢映画祭2021年9月18日〜20日2021年9月20日終了, 観客賞・下北沢商店連合会会長賞
大阪門真国際映画祭2021年10月7日〜10日2021年10月9日10:55終了, 優秀作品賞・創生見知賞
ロサンゼルスAwareness Film Festival2021年10月21日〜31日2021年10月22日19:00
東京日本芸術センター映像グランプリ2021年10月23日〜31日2021年10月29日19:00東京芸術センター2階シネマブルースタジオ
神戸日本芸術センター映像グランプリ2021年10月23日〜31日2021年10月29日19:00日本芸術会館 1F プレゼンテーションルーム
福井福井駅前短編映画祭2021年11月20日2021年11月20日招待上映, 監督、ナレーション 津田寛治さん登壇予定
上田市うえだ城下町映画祭2021年11月27日28日2021年11月27日13:20犀の角 ※席数40席 満席の場合と上映途中の入場はできません。
おおい町ぶらっとでシネマ2021年11月28日2021年11月28日14:00名田庄公民館
上田市うえだ城下町映画祭2021年12月4日5 日2021年12月4日 5日 13:15上田市マルチメディア情報センター, 事前申込要
東京東京ドキュメンタリー映画祭2021年12月11日〜17日2021年12月11日監督舞台挨拶
東京日本芸術センター映像グランプリ記念上映会2022年1月22日〜23日2022年1月23日10:00東京芸術センター2階シネマブルースタジオ
神戸日本芸術センター映像グランプリ記念上映会2022年1月22日〜23日2022年1月23日10:00日本芸術会館 1F プレゼンテーションルーム